臨床検査基準測定機構(JRMI)
JRMIとは 基準測定施設 HbA1c KO500法について HbA1c IFCC法について
標準化運営委員会について 整合性試験 NEWS お問い合わせ・アクセス

基準測定施設

基準測定施設と標準化運営委員会
 日本臨床化学会糖尿病関連指標専門委員会(JSCC/DMI)では、HbA1c 標準化システムの恒常的な維持を図るために、グリコヘモグロビン基準測定施設網に関する指針を設定しました(HbA1c測定のためのレファレンスラボラトリーおよび糖尿病関連指標標準化維持管理システムのための運用指針.臨床化学38:152-162, 2009.)。この指針を具体的に運用する主体として、一般社団法人臨床検査基準測定機構(JRMI)が活動し、HbA1cの基準測定施設の整合性試験、認定及び関連する測定上の諸問題について対応を図ることで現在に至っています。
 HbA1c基準測定施設に対する主たる目的は、HbA1c測定値に関するJDS - IFCC - NGSP間の各換算式の維持管理、認証標準物質の値付けと維持管理、認証標準物質へのJDS値の設定、サーベイや外部精度評価(EQA)/技能試験(PT)用試料における測定試料の目標値の設定などです。そのために実用基準測定施設I種 (working reference laboratory I : WRL-I)、体外診断検査薬製品にHbA1c値を伝達するための実用基準測定施設U種 (WRL-II) 及び基準測定協力施設をそれぞれ設置して、基準測定施設ネットワークの組織の下、高水準の測定技術を維持します。

基準測定施設ネットワークは以下のごとくです(2020年現在)。

実用基準測定施設T種 一般社団法人 検査医学標準物質機構(ReCCS) 新江田基準測定施設
特定非営利活動法人 病態解析研究所
星薬科大學 先端生命科学研究所 生命科学先導研究センター
実用基準測定施設U種 アークレイ株式会社
日立化成ダイアグノスティックス・システムズ株式会社
(旧:協和メデックス株式会社)
積水メディカル株式会社 マーケティング部 分析グループ
東ソー株式会社 バイオサイエンス事業部 カスタマーサポートセンター
基準測定協力施設 バイオ・ラッドラボラトリーズ株式会社 診断薬事業部
トップページへ     次のページへ